• Infomation
  • Profile
  • Gallery
  • Blog
  • Photo
  • Links
  • Calendar
  • Entry
  • Comment
  • Archive
  • Links
  • Profile

  Line
半径1キロ


雪が降るだけで山まですっと歩いていける
長靴で少々の山登り


父のおつかいで徒歩5分の喫茶店にお花の鉢をお届け
話好きのオーナーさんにお茶をご馳走になりながら色々なお話をする
父が入り浸るので私のやっていることは前からご存知

親世代の方にすんなりと絵のことを受け入れて頂けること
当たり前に話を聞いてもらえることに新鮮さがある 喜びも大きい

いま暮らす町にものづくりの土壌があったって
サラリーマンや学生が暮らすごく普通の町
ものずきな人がほんの少し多いだけ

一言で説明できない職業に
なんだかわかんねぇよと近所のおじちゃんが言うのも頷ける
それはそれでの話で面白かったりもする話

自分が年を重ねて
色々なものを素直に受けいれられるかなと想像する
現時点でも雲行きがあやしい

雪はやんでしまったけど
柔らかく空想してみる
否定を前提とせずに
comments(0) . posted by OZAWA Mayumi
comment








<< NEW | TOP | OLD>>